馬油のおすすめシャンプーランキング&特徴と効果!

ハンドクリームやスキンケアクリームに使われることの多い馬油は、シャンプーに用いられることもあります。

しかし、馬油が配合されたシャンプーといえどしっかりとしたものを選ばなければ馬油の特性をうまく活かすことはできません。

そこで今回は馬油のおすすめシャンプーをランキングにして紹介していきましょう。

シャンプー執事

馬油の特徴やメリット・デメリットも解説していくから参考にしてみてね!!

馬油シャンプー選びの3つのポイント!

馬油シャンプーは種類はそこまで多くないため、品質の良いシャンプーを選び出すのは容易かもしれません。

馬油が配合されているからといって内容成分を見ずに選ぶのだけはやめるようにしましょう。

3つのポイント

  • アミノ酸の洗浄成分
  • 馬油以外の保湿成分が含まれている
  • できるだけ添加物が配合されていないシャンプー

馬油が配合されているシャンプー以外にも上記3つのポイントを抑えたものを選ぶことによって、あなたの頭皮・髪に合ったシャンプーを選ぶことができるでしょう。

では、この3つのポイントがどのように影響するのかをそれぞれ解説していきます。

1. アミノ酸の洗浄成分

馬油が持つ高い保湿性を十分に活かすためには洗浄力が穏やかなアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

アミノ酸成分一例
  • ココイル系
  • ラウロイル系
  • ベタイン系
  • メチルアラニン系
  • サルコシン系

これらの成分が配合されているシャンプーは必要以上に頭皮の潤いを取り除くことがありません。

逆に高級アルコール(ラウリル硫酸・ラウレス硫酸・スルホ酸etc)や石鹸系は洗浄力が強すぎるため、馬油が持つ保湿性を活かしきれず乾燥・フケ・かゆみの原因となってしまいます。

アミノ酸系のシャンプーは頭皮の潤いをキープしてくれるだけでなく髪の補修にもつながるため、馬油シャンプーを選ぶのであればアミノ酸系のシャンプーを選ぶようにしましょう。

2. 馬油以外の保湿成分が含まれている

馬油の保湿性が高いといっても馬油だけに頼ってしまうのは少し不安が残ってしまいます。

そのため、馬油以外にも保湿成分が含まれているシャンプーを選ぶのがおすすめです。

保湿成分一例
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • リピジュア
  • 植物オイル(オリーブ・ツバキ・アルガンetc)
  • 天然由来エキス(大豆・海藻etc)

シャンプーは洗い流してしまうので保湿成分はいらないと思われてしまいがちですが、それは高級アルコールや石鹸系などの洗浄力が強い成分が含有しているときの話です。

アミノ酸系のシャンプーであれば必要以上に潤いを洗い落とすことはないので、保湿成分が頭皮と髪を補修してくれるのに役立ちます。

シャンプー執事

保湿は髪の補修もしてくれるので一石二鳥でおすすめだよ!!

3. できるだけ添加物が配合されていないシャンプー

シャンプーに含まれる添加物によってはアレルギーを引き起こし、頭皮が荒れてしまいダメージを受けて弱ってしまうといった事態になります。

それを防ぐためにはできるだけ添加物が配合されていないシャンプーがおすすめです。

悪影響のある添加物例
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリン酸Na/DEA/DEA/MEA/TEA
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 合成防腐剤
  • 合成香料
  • 合成保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • カチオン界面活性剤
  • 鉱物油
  • 動物性油脂
  • エタノール
  • キレート剤

特に合成○○といった化学成分はアレルギーを起こしやすい成分なので気をつけるようにしましょう。

馬油のおすすめシャンプーランキング!

馬油を使用したシャンプーの選び方はわかってもらえたところで、どのようなシャンプーがおすすめなのかてっとり早く知りたいですよね。

そこで、先ほどの3つのポイントを基にして馬油シャンプーのおすすめランキングを作ったので参考にしてみてください。

リマーユヘアシャンプー

リマーユヘアシャンプー
ポイント
  1. アミノ酸の優しい洗浄力
  2. 馬油以外の保湿成分も豊富に含有
  3. 添加物少なめで低刺激
  4. 美髪成分も配合
  5. 爽やかな柑橘系の香り
CHECK
アミノ酸系を洗浄成分とした頭皮に優しい洗浄力の馬油シャンプーがリマーユヘアシャンプーです。

馬油以外にも保湿成分が豊富に含まれており、血行促進や抗炎症作用、抜け毛予防を目的とした成分も含まれた育毛ケアも期待できるシャンプーとなっています。

リマーユヘアシャンプーの評価
安全性
(4.0)
保湿
(4.5)
無添加
(4.0)
香り
(4.0)
総合評価
(4.0)

ウーマシャンプー

ウーマシャンプー
ポイント
  1. 保湿成分がたっぷり含有
  2. フケ・かゆみを抑える有効成分配合
  3. 鉱物油・香料・着色料無添加
  4. 弱酸性のシャンプー
CHECK
馬油以外にも保湿成分をたっぷりと含有させたシャンプーがウーマシャンプーです。

グリチルリチン酸2Kを有効成分にしているため、ふけ・かゆみを抑えてその他植物エキスで頭皮環境の改善を期待することができます。

ウーマシャンプーの評価
安全性
(3.0)
保湿
(3.5)
無添加
(3.5)
香り
(3.0)
総合評価
(3.0)

道奥美女 トリートメントシャンプー

道奥美女 トリートメントシャンプー
ポイント
  1. トリートメントが必要のないシャンプー
  2. ノンシリコンシャンプー
  3. 馬油以外の保湿成分配合
  4. 美容成分含有
CHECK
トリートメントが必要のないシャンプーとして知られるのが道奥美女 トリートメントシャンプーで、馬油以外の保湿成分も配合されています。

ノンシリコンシャンプーなので髪がペタッとしがちな人はふんわりとボリュームを出すことができるのでおすすめです。

道奥美女 トリートメントシャンプーの評価
安全性
(3.0)
保湿
(3.0)
無添加
(3.0)
香り
(3.0)
総合評価
(3.0)

馬油シャンプーの特徴!肌への浸透力が高い

馬油シャンプーの最大の特徴としては馬油が肌への浸透力が高く保湿の効果が期待できるということです。

馬油というのは名前の通り馬の皮下脂肪を抽出して作られています。

この馬油は人間の皮脂にとても近い構造をしているため、浸透力も高く低刺激な保湿成分として知られているのです。

また、馬のたてがみから取れる希少なこうね馬油に至っては育毛効果が期待できるANP(心房性ポリペプチド)と呼ばれる成分が配合されています。

馬油を含有していることで頭皮に潤いをキープすることができるので、シャンプーや紫外線からのダメージを和らげることができます。

馬油シャンプーの成分からの見極め方は簡単!馬油と記載されているかどうか

馬油シャンプーかどうか成分から見極めたい場合は簡単で、成分表示に馬油と記載されているかどうか確認するだけです。

ただし、馬油がどのぐらいの割合で含有しているのかという部分に関しては明記されていないものがほとんどとなります。

成分表示の上位にきているものほど含有率が高いという証拠なので、馬油が成分表示の上位にきているかどうかで含有率を予測するようにしましょう。

馬油シャンプーの効果!保湿性が高く頭皮に潤いをキープする!

馬油シャンプーはどのような効果があって愛用している人がいるのでしょうか。

まず一番に保湿性が高いということが挙げられます。

何度も説明しているように馬油は保湿性に優れているので、洗浄成分によって敏感な状態となった頭皮に潤いをキープしてくれます。

また、血行促進する効果も期待することができるため、髪の毛を成長させる毛母細胞の働きを活性化させることに期待ができるでしょう。

馬油シャンプーのメリット・デメリット!保湿や血行促進に期待も香りが独特

馬油シャンプーはメリットもありますがデメリットもあるので人によっては合わないということもあります。

では、馬油シャンプーにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

馬油シャンプーのメリット
  • 保湿性が高い
  • 浸透性が高い
  • 血行促進作用に期待できる
  • 天然成分で安心

馬油シャンプーのメリットは先ほども説明したものなので、細かい説明は良いでしょう。

馬の脂肪から取れる天然成分なので低刺激で安心ということもメリットの1つです。

馬油シャンプーのデメリット
  • 香りが独特
  • 量をつけすぎるとベタベタになってしまう</li

馬油は独特の香りがあるため、香りが合わずに馬油シャンプーを諦めてしまう人もいます。

シャンプーは香りを楽しみたいという人も多いですし、馬油の香りで周囲を不快にしてしまうかもという懸念がある場合も使うのをためらってしまうでしょう。

また、量をつけすぎると洗い落とすのが困難になってしまいベタベタになることもあるのでデメリットといえます。

馬油シャンプーが合う人・合わない人!敏感肌や乾燥肌の人におすすめ!

馬油シャンプーを使うのであればどういった人がおすすめなのか、またどのような人は合わないのか簡単にわかれば自分が合うかどうかわかるでしょう。

馬油シャンプーが合う人は以下のとおりです。

馬油シャンプーが合う人
  • 敏感肌・乾燥肌の人
  • 天然成分を使いたい人
  • パーマやカラーによって髪がダメージを受けている人

馬油は保湿性が高いので敏感肌や乾燥肌の人や頭皮・髪にダメージを受けている人に合っていると言えるでしょう。

馬油シャンプーが合わない人
  • 香りに敏感な人
  • 髪をサッとしか洗わない人
  • 整髪料を多用する人

香りに敏感な人にとって馬油の香りが合わなければ使わないほうが良いでしょう。

また、馬油シャンプーはしっかりと洗い落とす必要があるため髪をサッとしから洗わない人にもおすすめできません。

整髪料をつけている人はよりしっかりと洗わなければ汚れが落ちないので、整髪料を日常的に多用している人も馬油シャンプーは合わないといえます。

シャンプー執事

馬油が持つ保湿性が気になるなら品質の良いシャンプーを選ぶようにしよう!!