【いい匂いが続く】香りがよいおすすめのシャンプーランキング!

香りの良いシャンプーを使っていると、気分まで楽しくなりますし相手にもいい香りだと思わせることができます。

そのため、香りのよいという点にだけ着目したシャンプー選びをしている人も多いです。

しかし、香りがよいだけでは頭皮や髪に良いというわけではないので、しっかりと品質が良くて香りもよいシャンプーを選んでいきましょう。

シャンプー執事

香りも良くて頭皮・髪に優しいシャンプーはたくさんあるよ!!

香りのよいシャンプー選びの3つのポイント!

香りのよいシャンプーを選ぶためには髪や頭皮のことも考えた上で選ばなくてはいけません。

というのは市販されているシャンプーは品質が悪いものも多く、香りだけで選んでしまうと髪がごわつく、ぱさつく、ボリュームが減ったなどの悩みを増やしてしまう可能性があるからです。

3つのポイント

  1. 洗浄力が穏やかなシャンプー
  2. 保湿成分が含まれている
  3. 無添加のシャンプー

香りのよいという点以外に3つのポイントをふまえたシャンプーを選ぶことをおすすめします。

では、なぜこのポイントが重要であるのかについてそれぞれ解説していきましょう。

1. 洗浄力が穏やかなシャンプー

頭皮や髪にダメージを与えてしまう原因の1つに洗浄力の強いシャンプーを使用しているということがあげられます。

特にラウリル硫酸やラウレス硫酸Naといった高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強く、頭皮の必要以上の潤いを取り除いてしまい乾燥やかゆみを引き起こしてしまいます。

香りが良くてもかゆみや乾燥によって頭皮が炎症を起こしてしまうのであれば、使うのを断念せざるをえないですよね。

そのため、洗浄力が穏やかなアミノ酸系シャンプーを使うのが良いでしょう。

アミノ酸成分一例
  • ココイル系
  • ラウロイル系
  • ベタイン系
  • メチルアラニン系
  • サルコシン系

アミノ酸の洗浄成分は洗浄力穏やかなので必要以上に潤いを取り除くことがなく低刺激です。

また、アミノ酸自体が栄養素となるので頭皮や髪の補修にも効果的な成分といえます。

アミノ酸は成分表示を見ることで確認することができます。

2. 保湿成分が含まれている

少なからずシャンプーによる洗浄は頭皮の潤いを取り除いてしまうので、保湿成分が含まれたシャンプーを選んだほうがダメージが少なくて済みます。

また、保湿成分によっては髪や頭皮の補修もおこなってくれるものもあるので、保湿成分が豊富に含まれていればいるほど頭皮や髪に優しいシャンプーと言えるでしょう。

保湿成分一例
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • リピジュア
  • 植物オイル(オリーブ・ツバキ・アルガンetc)
  • 天然由来エキス(大豆・海藻etc)

品質にこだわっているシャンプーには間違いなく保湿成分が含まれているので、ある程度の目安として成分表示に以上の成分が記載されているかどうかを確認してみましょう。

3. 無添加のシャンプー

添加物は頭皮にとって刺激となり炎症やかゆみを引き起こしてしまうこともあるのでおすすめできません。

注意
香りのよいシャンプーといっても香料が人工であるのか天然であるのかについても変わってきます。

しかし、成分表示には「香料」と記載されても良いようになっているので実際のところ人工であるか天然であるのかわからないのです。

香料に関してはシャンプーを信頼するほかないでしょう。

どのような添加物があるのかは以下を参考にしてみてください。

悪影響のある添加物例
  • 石油系界面活性剤
  • ラウリン酸Na/DEA/DEA/MEA/TEA
  • 合成着色料
  • シリコン
  • 合成防腐剤
  • 合成香料
  • 合成保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 合成ポリマー
  • カチオン界面活性剤
  • 鉱物油
  • 動物性油脂
  • エタノール
  • キレート剤

合成○○の添加物は特に刺激性が強くアレルギーを引き起こしやすいので注意しましょう。

香りのよいシャンプーを比較!

香りのよいシャンプーはたくさんあれど、品質のいいシャンプーとなると絞り込むのに時間がかかってしまいます。

そこで、品質と人気に定評がある香りがよいシャンプーをいくつかピックアップしましたので、先ほどのポイントを基に比較をしていきましょう。

洗浄力 無添加 保湿成分
ハーブガーデン 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ラサーナ プレミオール 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
haru kurokamiスカルプ シャンプー 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ルメント 穏やか
(アミノ酸系)
三角 丸
クイーンズバスルーム 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
アスロング オーガニックシャンプー 強め
(高級アルコール系)
三角 丸
わたしのきまり 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 丸
守り髪 少し強め
(アミノ酸系)
丸 丸
ボタニカル ベルタシャンプー 穏やか
(アミノ酸系)
二重丸 二重丸
ディアボーテ(ひまわり) 穏やか
(アミノ酸系)
丸 丸
ボタニスト 少し弱め
(アミノ酸系)
三角 三角
TSUBAKI 強め
(高級アルコール系)
バツ 三角
ビオリス 強め
(高級アルコール系)
バツ 三角

香りの良さというのは石鹸の香りや柑橘系、バラやローズなど人それぞれなので好みが分かれてしまいますが、品質だけを見ると品質が良いシャンプーがわかりやすいです。

香りがよく品質の良いシャンプーを見つけたいということであれば、このシャンプーの中から絞ってみると良いでしょう。

シャンプー執事

次は香りのよいシャンプーのおすすめランキングだよ!!

香りのよいおすすめのシャンプーランキング!

香りのよいシャンプーの中でも選ぶポイントがたくさんあるのでどれがおすすめなのかわからないという人も少なくありません。

そこで、先ほどの比較したシャンプーの中からさらに細かい部分を見比べておすすめのシャンプーをランキングにしてみました。

選びきれないという人やてっとり早くおすすめが知りたいという人は参考にしてみてください。

ラサーナ プレミオール

ラサーナ プレミオール
ポイント
  1. アロマティックフローラルな香り
  2. 頭皮に優しいアミノ酸シャンプー
  3. 4つのオイルが髪を保湿・補修
  4. 無添加で安心
  5. 7種のハーブが皮脂やニオイを抑える
CHECK
アロマティックフローラルの華やかな香りをさせるラサーナ プレミオールはアミノ酸とボタニカル、ブルターニュ産の海泥による優しい洗浄力が特徴です。

また、厳選した4つのオイルをはじめとする天然由来成分が頭皮や髪を保湿・補修してくれるので香りが良く品質の良いシャンプーを探しているならラサーナ プレミオールを選ぶべきでしょう。

ラサーナ プレミオールの評価
洗浄成分
(5.0)
保湿
(4.5)
無添加
(4.5)
香りの良さ
(5.0)
総合評価
(4.5)

クイーンズバスルーム

クイーンズバスルーム
ポイント
  1. 爽やかな柑橘系の香り
  2. アミノ酸シャンプーで優しく洗浄
  3. 高保湿成分含有
  4. 無添加で子どもでも使える安全性
  5. くせ毛の方におすすめ
CHECK
グレープフルーツのような爽やかな柑橘系の香りを漂わせるシャンプーがクイーンズバスルームです。

高級美容液に含まれるほどの保湿成分やオイルを使用したシャンプーで、5日間のお試しセットも販売されているため自分に合った香りかどうかを判断しやすいシャンプーと言えるでしょう。

クイーンズバスルームの評価
洗浄成分
(4.5)
保湿
(5.0)
無添加
(4.5)
香りの良さ
(4.0)
総合評価
(4.5)

haru kurokamiスカルプ シャンプー

haru kurokamiスカルプ シャンプー
ポイント
  1. 爽やかな柑橘系の香り
  2. 洗浄力が穏やかなアミノ酸系シャンプー
  3. 33種類の保湿成分を厳選含有
  4. 無添加なので安心して使える
  5. 40代以降の女性におすすめ
CHECK
爽やかな柑橘系の香りをベースにしたシャンプーがharu kurokamiスカルプ シャンプーで、アンチエイジングとして保湿成分が33種類も含有しているのが特徴です。

ハリ・コシが無くなってくる40代以降の女性に合わせて作られたシャンプーなので、香りも高級感がありながら鼻にこない優しい芳香となっています。

haru kurokamiスカルプ シャンプーの評価
洗浄成分
(4.5)
保湿
(4.5)
無添加
(4.5)
香りの良さ
(4.0)
総合評価
(4.5)

シャンプーの香りが残る洗い方!

せっかく香りのよいシャンプーを使うのであれば、香りが残るような洗い方をすべきです。

香りが残るかどうかは洗い方によって左右されるといっても過言ではありません。

では、どういった洗い方をすればいいのかということですが、簡単にまとめるのでシャンプーの香りが残る洗い方は以下の方法を参考にしてください。

シャンプーの洗い方
  1. 十分にブラッシングをして汚れを落とす
  2. 38~40℃のお湯で髪全体を洗う
  3. 手でシャンプーを泡立てて指の腹で優しくマッサージをするように洗う
  4. すすぎは5分以上かけてじっくり洗い落とす
  5. タオルドライをした後にドライヤーで乾かす

シャンプーの香り成分を浸透させるためには正しいシャンプーの洗い方をする必要があります。

特に皮脂や汚れが頭皮に付着した状態だと、シャンプーの香りではないニオイが混ざってしまうのでシャンプーの香りがしなくなってしまうのです。

また、髪は濡れると髪の毛の表面を保護をするキューティクルが開いてしまいます。

キューティクルが開いた状態だと香り成分が抜けやすく髪も傷みやすくなるので香りが無くなるのが早くなってしまうのです。

そのため、シャワー後はタオルで髪の水気を十分に取り、ドライヤーを当ててしっかりと髪を乾かしてあげましょう。

シャンプーの香りを長持ちさせる方法!

シャンプーの香りを長持ちさせるためには先ほどの正しいシャンプーの洗い方を実践する方法以外にもいくつかあります。

まず、髪の毛を束ねておくということです。

髪の毛が外の空気にさらされることが多くなってしまうとそれだけ香り成分が分散してしまうので長持ちしなくなってしまいます。

髪の毛の表面積をできるだけ小さくするためには髪をまとめて束ねておく方が良いということですね。

シャンプー執事

髪がくせづくのが嫌な場合はクリップタイプの髪留めを使用するのもおすすめだよ!!

それ以外にも髪の毛にダメージを与えないということもシャンプーの香りを長持ちさせる秘訣です。

髪のダメージの原因
  • パーマ・カラー
  • 紫外線
  • 洗浄力の強いシャンプーの使用

髪がダメージを受けてしまう原因は以上の点があげられ、この3つの原因の対策をすることで香りを長持ちさせることができるようになります。

対策をするのであればパーマやカラーであれば期間を空けておこなう、紫外線は帽子や日傘をさす、今回ランキングで紹介したシャンプーの使用などです。

香りのよいシャンプーを使うのであれば髪の毛がなるべく傷まないような生活習慣を心がけていきましょう。